趣味(読書)

2014年10月03日

学年ビリのギャルの大逆転劇の本

ひさびさに本を読んでみた。
今回は受験生の物語の本をてにとって読んでみました。
題名は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応義塾大学に現役合格した話」



DSC_0109











物語としてはよくありがちな頭の悪いとされている子が名門校に入るという物語なのですが、
この本の面白いところは、
”誰でもやり方次第で絶対無理!を克服できてしまうものである”という
夢をみせてくれる一冊です。


この本の冒頭に書かれている一つを挙げてみようと思います。

「ダメな人間なんていないんです。ただダメな指導者がいるだけなんです。」

この本をみてて思ったことは、指導者と努力次第で人間はどうにでも変われる。
指導の仕方や教育の在り方だったり、どうやったら今を満足に生きれるのかとか
いろいろ考えさせれた一冊なので、もし時間のある方は是非読んでみてください。



tanto1601 at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月08日

読書5

最近図書館でこんなものを借りてみた。
カイジ「勝つべくして勝つ!働き方の話」
これ読んだ中でひとつの例をあげるとまず人に認めてもらうにはまず実績をあげなきゃならないと
まぁ当たり前かもしれませんが・・・これをつづけることにより力というものが
おのずとついてくるみたいなことがあいてあります。
やっぱりカイジシリーズは漫画を含めめちゃ勉強になりますのでおすすめします。



PA0_0028



tanto1601 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月26日

読書5

 さて今回は歴史ものの本「戦国一孤独な男ー山本勘助をチョイスしてみました。
山本勘助という人物は有名な武田信玄の軍師(参謀)です。
その山本勘助の生涯をかいてある書籍がこちらのほんになっていて
読んでいて歌声が美声だったり,俺にはこの生き方はできないなってかスゲー・・・っておもいました。゜(´Д`)゜。
これは読み初めると結構面白い本なのでオススメします。



DSCN0755



tanto1601 at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月21日

読書4

今日はこの本を紹介したいと思います。
堀江貴文さんのお金はいつも正しいって本です(・∀・)つ
書いてあることは以前紹介したカイジ(命よりも重いお金の話)って
本と重複している部分もありましたがちょっと違うところはお金をつかって
最先端のアイテムを買い、その技術をつかいこなすことによって
あらたなビジネスが生まれる。もしだめでも最先端の技術が身につくと
この本の一部で語っていました。
この本を読んでいて情報とスキルがものをいうのかな・・・てちょっと感じた本でした。
よかったらぜび読んでみてはいかかでしょうか?.。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSCN0772

tanto1601 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月13日

読書3

こんな本を読んでみました。
「やりたいことがみつかる3つの習慣」
内容としてはまず何でも良いからやりたいことを1000こくらいかいて
(やりたいこと100個書くのも大変でした。)
そのなかで”日常レベル” ”生活レベル””人生レベル”の3段階にわける。
そして人生レベルが非常に難しいのですがこれが一番やりたいことだと私は思いました。

やりたいことがないというあなたにぜひこの一冊を(笑)

DSCN0747

tanto1601 at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)